2018

はたのおと2018

研究発表会はたのおと2018in四万十市を開催しました!
  • 日 時:2018年 11月 17日(土)13:00-17:00
  • 会 場:西土佐ふれあいホール(四万十市西土佐用井1110-1)
  • 内 容:初日スケジュールおよび発表プログラムを御覧ください
  • 参 加:年齢等不問。幡多に関心ある方どなたでもご来場いただけます
  • 参加費:早期割引 500円・直前申込 1,000円
  • 備 考:参加費はおやつ代等を含みます。未成年者は無料。

発表プログラム

<口頭発表>

  • 中田 巌(大月町備長炭生産組合)永らえる産業を目指して
  • 武内文治・楠瀬慶太(奥四万十山の暮らし調査団)ムラの調査と『四万十町地名辞典』
  • 上村 賢介(上村製材所)田舎の小さな製材所の考える四万十の桧のブランド化
  • 山下 慎吾(Sakanayama Lab.)はたの養蜂記録:うまくいったりいかなかったり
  • 川村 慎也(四万十市教育委員会)地域の小さな博物館ができること
  • 今井 悟(土佐清水市役所ジオパーク推進室)竜串海岸の地層に記録された地震と津波
  • 富尾 和方(高知県中南米親善協会)高知県人中南米移住110年から見る幡多の地域性とは

<ポスター発表>

  • 谷岡 仁(NACS-J自然観察指導員)幡多地方のヤモリ(海岸部編)
  • 谷地森 秀二(四国自然研)高知県四万十川周辺におけるユビナガコウモリの人工洞利用状況
  • 酒井 奈穂(西土佐商工会)岩間沈下橋の早期復旧を願って…
  • 宮川 実(フォレストファーマーズ下切)限界集落で生業をたてられるか!集落営農林組織フォレストファーマーズ下切の取り組み
  • 松本 純平(四万十高校)燃料としての木材
  • 古井戸 樹(黒潮生物研)九州・四国南部のソフトコーラル (ウミトサカ亜目)の分子系統解析
  • 上田ふみ・岩本やよい(えこらぼ)環境イベント「環境活動見本市 in 黒潮町~幡多のエコ大集合~」の成果発表

懇親会

  • 日 時:2018年 11月 17日(土)19:00-21:00
  • 会 場:やまの台所 みん家
  • 対 象:研究発表会参加者のうち,もう一歩深く情報交換したい方
  • 参加費:5,000円

エクスカーション:川に学ぶ・歴史文化に学ぶ現地研修
  • 月 日:2018年 11月 18日(日)
  • 時 間:09:00-15:00
  • 会 場:四万十川下流域・四万十市郷土資料館
  • 内 容:ウエーダーを履いて川に入って生態観察/新しくなった市資料館を探訪
  • 対 象:研究発表会参加者のうち,もう一歩深く現地体験したい方
  • 講 師:石川妙子(水生昆虫)/川村慎也(歴史文化)/山下慎吾(魚類エビ)
  • 参加費:1,000円(保険料・入館料を含む)
  • 定 員:10名程度(先着順)
  • 備 考:ウェーダーとライフジャケットはこちらで準備します。


<近隣施設のご案内>

実施主体